126.私が感じている事やよく患者さんにお話しすること    中山盛詔(中山歯科)

皆様大正区歯科医師会のホームページを開いて頂きありがとうございます。

今回は私が感じている事や、よく患者さんにお話する事をお知らせしたいと思います。

■今は治療の時代から予防に変化していること、痛い時に歯医者に行くと痛い思いをするので嫌いになる、歯を失い、お金も高くなる。予防なら痛くないし、一生自分の歯で食べる事が出来る可能性が高く、お口もスッキリし、歯医者を嫌いにならない。歯周病予防、入歯予防になる。特に歯周病は細菌による感染症なので(虫歯もです)、正しく磨き、菌を減らし、出血を減らす。出血による血液は歯周病菌の栄養になるのです。歯周病は糖尿病、動脈硬化、心臓など体に大変悪影響を与えます。特に糖尿病の方は関係していることが多く、研究で明らかになっています。

■ゆっくり30回以上噛む、噛む事でお口の筋力を鍛える。嚥下運動に役立ち、美容、消化、胃にもやさしい。食べ物の順番も大切ですがゆっくり食べる事で血糖値を急に上げないで、食べる量も減り、生活習慣病(体重減等)にも良い。早喰いの方は、口呼吸で鼻が悪い人が多いので、口を閉じゆっくり噛み、口の筋力を鍛えましょう。その為にも野菜など硬めの食事が大切です。

■1日何回磨いてもいいが、夕食後は丁寧に磨いて下さい。菌を減らし歯周病予防、丁寧に磨くことで間食を抑制する効果があり、体重減が期待できます。現在、病院では手術前後に口腔をきれいにし、術後性肺炎の予防によ死亡率の低下、今これが注目されています。高齢者には、不顕性肺炎の予防、命にかかわる重要なことです。口の健康も体の健康に大きく繋がっています

■奥歯が無いと力が入らず転倒しやすくなります。転倒による骨折は寝たきりのリスクを高める大きな問題です。歯を入れましょう。疑問があればかかりつけの先生に相談して下さい。

125.はじめまして     鳥羽学(鳥羽歯科医院)

1414218848172.jpg

初めまして。この度、大正区歯科医師会に準会員として入会させて頂くことになりました鳥羽学です。
2005年に朝日大学歯学部を卒業し、2008年5月より叔父にあたる鳥羽史郎先生(鳥羽歯科医院/泉尾)のもとで勤務しております。
まだまだ歯科医師としても人間としても未熟な私ですが、少しでも地域医療に貢献できるよう日々努力し、精進していく所存でございます。今後ともよろしくお願い致します。

124.はじめまして     小野一行(小野歯科医院)

IMG_0685.JPG

 

はじめまして。

このたび、大正区歯科医師会に入会させていただきました小野歯科医院副院長の小野一行と申します。

1999年に広島大学を卒業後、大阪大学歯学部歯科第一補綴科で、審美やインプラントの勉強を行ってまいりました。卒後早い時期から、小野歯科医院の方で診療は行ってまいりましたが、若手の歯科医師会の先生も少ないということで、今回他の若手の先生と一緒に入会させていただきました。みんなで頑張って行きたいと思います。

今年で小野歯科医院は開設80年の節目の年となりました。

祖父、父と続き大正区の地域密着型の歯科医院として、地域保健事業にもしっかり携わっていきたいと思います。

今後共、よろしくお願い致します。

123.はじめまして     鳥羽聖朋(鳥羽歯科)

1410140-3.jpg

 

皆様、はじめまして。

8月より入会させて頂きました、鳥羽聖朋 (きよとも)です。

朝日大学歯学部を平成8年3月に卒業し、府内の開業医にて勤務の後、平成13年より父と共に現在の鳥羽歯科(三軒家西)にて勤務してまいりました。

まだまだ自身の毎日の診療に必死で、周りを見る余裕が無い現状ではございますが、入会を機に、地域社会への貢献についてもしっかり取り組んでいければと思っております。

 

私は趣味で、休前日には夜を通して星空の撮影に山や海へ通っております。

特にその中でも好きな星のひとつに北極星があります。

北極星とは、ほぼ天の北極に位置し、昔の旅人たちはこれを基に方角を知り得ることができたといいます。

実際には北極星は2等星で、それ単体ではなかなか見極めもわかりにくいのですが、ただそこにあることで人々を迷うことなく導くことができるのです。

私も北極星のように、目立った存在ではなくてもそこにいるだけで地域の人々に安心を与えられるような、そんな存在を目指していきたいと思います。

まだまだ未熟者ではございますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 鳥羽先生自己紹介.jpg

122. 家入健二(家入歯科診療所)

 近頃想う亊、若い頃と違って折に触れ自分の歳というものを考えるように なった気がする事です。以前にはあまり気にもしなかったと思います。せいぜ い正月か誕生日の時ぐらいしか意職する事は無かったような気がします。

 人生が残り少なくなってきて、年齢のことを考える機会が多くなったのかなと 感じる今日この頃です。

 今迄の自分を振り返ってみると、やり残したことが山ほどあり、更に後悔する ことも数え切れないほどあるという人生を過ごしてきたような気がします。

 他の人から見るとどんなにかつまらない様な事でも、自分がやってみたいと 思った事は精一杯やってきたつもりです。又、結果はどうあれやらずに後悔 するよりも、やって後悔する方を選ぶのが私の生き方でした。

それでも、やり残していることがまだまだたくさんある様です。

大した才能もない私の様な人間には、当然の亊だとは思いますが。幸いまだ そこへの元気だけは持っているつもりですので、これからも歳の事は適当に 忘れて、いろいろな事を出来るだけ経験してみたいと思います。

ところで、70才を過ぎた現在でも十分に納得のいく仕事が出来る歯科医という仕事、自分の好きな仕事でもあるし、やり甲斐も感じる仕事です。更には、 患者さんにも本当に喜んでいただけるという幸せな仕事だと思います。

自分自身、治療の技術や思考はほんの少しも衰えているとは全く感じません。

  自分のペースでやっていく事が出来るこの仕寧。
  集中している時は自分の歳の事も完全に忘れることの出来る仕事。
  しっかりとした結果の出る仕事。
  本当に素晴らしい仕事だと思います。

今後も元気いっぱい仕事は続けたいと思います。

最近は月平均6回ゴルフを楽しんでいます。盛んに送られてくる旅行案内を見てよく旅行にも出かけます。

このへタクソな原稿を書き終えたらすぐに東欧に出発します。

                                                                                         2014年8月家人健ニ

121.はじめまして     冨谷寛卓(とみや歯科診療所)            

_O6A6404.jpg

はじめまして。 このたび、大正区歯科医師会に入会させていただきました冨谷寛卓です。 卒業大学は大阪歯科大学で55期生です。 皆様、体温計の目盛りが42℃までしかない。その理由をご存知でしょうか?

健康なとき36〜37℃に保たれている体温も、病気をして体温調節中枢の作用が狂うと高い熱が出る。非常に興奮して体温調節中枢を狂わせてしまっても、熱の出ることもある。 

しかし、体温はどこまでも無制限に上昇していくわけではない。体温が39℃以上になると、脳の活動に影響が出てくるし、41℃をこせば、ふだんから高温の肝臓が真っ先にやられる。そして、42℃以上ではどんなことをしても生きられない。

42℃は、人体を構成している細胞の蛋白質が、ゆで卵のように固まって、もとに戻らない温度である。人間の蛋白質が変性する温度、つまり人間がゆで上がる温度で、「42℃の壁」と呼ばれている。

体温計の目盛が最高42℃までしかつけられていないのは、そのためで、体温42℃以上の人間の存在は考えられないのである。

人間ばかりでなく、ネコ、ウサギ、ネズミなどの動物もほぼ同じで、体温42℃前後で死ぬといわれている。

これを書いている私も今風邪をひいており、体温計の目盛りは38.4℃… よく風邪をひく私ですが今後ともご指導のほど宜しくお願い致します。